早起きするためのコツ・方法

  • HOME > 早起きするためのコツ・方法

早起きするためのコツ・方法

早起き

朝、早起きするためには、質の良い睡眠をとることが必要です。
そのためには、寝る前の時間の過ごし方が大切。

人間の体は交感神経と副交感神経が交互に支配しているので、覚醒状態である交感神経が強い時は、なかなか眠ることができません。
交感神経を静めるには、リラックスすることが一番効果的。
アロマや快眠グッズを積極的に利用しましょう。

また、幸福物質と呼ばれているセロトニンを分泌させることも効果的。
寝る前に甘い物を食べたり、入浴をしたり、外部刺激(まぶしい・うるさいなど)を少なくすると、セロトニンが分泌されます。
少量のアルコールやホットミルクを飲むのもオススメ。
寝る前にこのような習慣を作っておけば、「それをすると眠くなる」という状態に自然になっていきます。

ただし、眠くない時に無理して眠ろうとするのは逆効果。
通常は眠くなくても横になっていれば、約1時間30分で交感神経から副交感神経の支配に移るので、少しずつ眠くなっていきます。