糖尿病と肥満の原因に

  • HOME > 糖尿病と肥満の原因に

糖尿病と肥満の原因に

最近の研究では、睡眠時間が短かったり、眠りが浅いと、2型糖尿病になりやすいことが分かっています。

健康な人の場合、血糖値(血液中のブドウ糖の量)が一定になるように調節されています。
食後は血糖値が上がりますが、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、肝臓や全身の筋肉などでブドウ糖が利用されて、血糖値が戻ります。
血糖値が下がればインスリンの分泌も減っていきます。

しかし、睡眠時間が減ったり、睡眠の質が低下すると、血糖値を一定にすることができず、血糖値が高くなってしまいます。
この状態を放置すると、糖尿病になる可能性が高くなります。

ある実験結果では、睡眠不足になると、食後のインスリン分泌量が減り、筋肉などでのインスリンの働きも悪くなり、血糖値が高くなったそうです。
このように、睡眠不足や浅い眠りは、糖尿病にも繋がってしまうのです。

不眠は肥満の原因に

夜になかなか寝付けない人は、夜食や飲酒のせいで肥満や糖尿病になりやすいと考えられていました。

しかし、実際には、睡眠不足になるとグレリン(食欲を刺激するホルモン)が増え、レプチン(満腹を脳に伝えるホルモン)が減少することが分かっています。
これは、食生活の乱れが肥満の原因ではなく、不眠が脳に影響を与えて、過食や肥満、糖尿病に繋がる可能性が高いということ。
そのため、睡眠時間を十分に取り、深い眠りをしていれば、健康な人は糖尿病になる可能性は低くなり、糖尿病の人は血糖のコントロールが良くなると考えられます。

糖尿病のなどの生活習慣病を治すためには、食事や運動不足の改善をしがちですが、睡眠の質と量も大切です。
糖尿病を患っていて、夜によく眠れないかたは、まずはお医者さんに相談してみましょう。
睡眠薬などを処方してもらい、不眠を改善することで、糖尿病の改善にも期待できます。