短時間睡眠の影響

  • HOME > 短時間睡眠の影響

短時間睡眠の影響

6時間以下の短時間睡眠は、糖の代謝や交感神経に悪影響を与え、様々な病気のリスクが高くなります。
また、女性の美容にも悪影響を与えます。

さらに、短時間睡眠は、グレリンという食欲を促進させるホルモンを分泌させ、レプチンという満腹感を知らせるホルモンの分泌を減らすため、肥満の原因になります。
体の組織の修復に関係する成長ホルモンは、夜に眠っている間に分泌されますが、睡眠障害により分泌が少なくなる可能性もあります。

女性の場合、寝不足が続くと肌荒れするのは、これらのことが影響していると考えられます。
いつまでも美しく若々しい女性でいるためには、睡眠はとても重要。

睡眠障害の中で最も多い不眠症の大きな原因は、ストレスです。

特に家事や育児をしながら働いている女性はストレスが多くなり、不眠になっている方が増えています。
また、最近ではIT技術の進歩により、自宅や通勤電車の中などでも仕事ができるため、私生活と仕事の切り替えが上手くできず、それがストレスの原因になっていることもあります。