治療方法

  • HOME > 治療方法

治療方法

睡眠障害(不眠)になったからと、自己判断で睡眠薬を飲んでも、治ることはほぼありません。

不眠の原因には、様々なものがあるため、まずはかかりつけの医師などに相談する必要があります。

例えば、痛みやかゆみ、咳などで眠れない場合は、その症状を抑える治療が必要。
また、昼夜逆転の生活や、寝る前のアルコール摂取などの生活習慣が原因の場合は、それらの改善が大切です。
治療として睡眠薬を飲む場合には、不眠がどの程度改善されたら、薬の服用を止めるのかという目標を医師と一緒に立てることも重要です。

不眠になると、よく眠ることを意識し過ぎて不安になってしまい、それがまた不眠の原因になってしまいます。
「ぐっすり眠れなくても、それもど悪い状態になっていない」と、楽観的な気持ちになることも必要になってきます。